阪神タイガース応援blog 挑戦

阪神タイガースのまとめ・野球全般のまとめだよ

    超変革阪神の若虎が元気!金本阪神はやるぞ!


    阪神北條「恥ずかしい帰りたい」坂本勇人が失態指摘 阪神北條「恥ずかしい帰りたい」坂本勇人が失態指摘
    阪神北條史也内野手(23)は9日、巨人坂本勇人内野手(28)、西武秋山翔吾外野手(29)と茨城・高萩市内で行われた野球教室とトークショーに参加した。
    (出典:野球(日刊スポーツ))

    巨人・坂本勇が阪神・北條らと野球教室 巨人・坂本勇が阪神・北條らと野球教室
    巨人・坂本勇人内野手が9日、阪神・北條史也内野手と西武・秋山翔吾外野手と茨城・高萩市民球場で野球教室を行った。 小中学生約100人と野球を通じて交流…
    (出典:野球(デイリースポーツ))

    【巨人】坂本勇が明かした結婚観とは… 【巨人】坂本勇が明かした結婚観とは…
    …)が9日、茨城・高萩市内で光星学院高(現・八戸学院光星)の後輩に当たる阪神・北條とトークショーを開催した。司会を務めた同市の小田木市長から「結婚の予定…
    (出典:野球(スポーツ報知))

    巨人・坂本、子供の頃にやっておけばよかったことは勉強「漢字が分からんかったら恥ずかしい」
    …(29)、阪神・北條史也内野手(23)とともに茨城・高萩市民球場で小中学生を対象とした野球教室を開催した。 午後からは高萩市文化会館で北條とトークショ…
    (出典:野球(サンケイスポーツ))

    阪神・北條、茨城県での野球教室に参加 小中学生に指導 阪神・北條、茨城県での野球教室に参加 小中学生に指導
    阪神の北條史也内野手(23)が9日、茨城県高萩市で行われた野球教室に、巨人・坂本勇、西武・秋山と参加した。 集まった高萩市内の小中学生106人と、楽…
    (出典:野球(デイリースポーツ))


    大谷翔平が契約先に選んだ「エンゼルス」ってどんなチーム?



    大谷翔平が契約先に選んだ「エンゼルス」ってどんなチーム?

    2017-12-09 11:45:00(48535 view)

    昨シーズンまで日本ハムファイターズで活躍した大谷翔平選手の移籍先がエンゼルスと契約することが明らかになりました。


    (出典 matome.naver.jp)



    大谷翔平が「エンゼルス」と契約に同意‥強いつながりを感じた

    2017-12-09 11:03:50(1492 view)

    日本ハムから大リーグ移籍を目指していた大谷翔平選手がエンジェルスと契約へ


    (出典 matome.naver.jp)



    日本ハム 大谷翔平 エンジェルスと契約へ

    2017-12-09 08:55:38(245 view)

    プロ野球・日本ハムから大リーグ移籍を目指している大谷翔平選手がエンジェルスと契約することを決めたと代理人の事務所が2017年12月8日、発表しました。


    (出典 matome.naver.jp)



    大谷翔平「強い絆を感じた」エンゼルス入り決定!

    2017-12-09 09:27:25(2774 view)

    ポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた日本ハムの大谷翔平がロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(Los Angeles Angels 略称LAA)と契約することを決めた。エンジェルス側も契約合意を認め、9日に入団会見をする見通し。過去には、松井秀喜などが所属したことがある球団。


    (出典 matome.naver.jp)



    【速報】 大谷翔平、ロサンゼルス・エンゼルスと契約・移籍へ!

    2017-12-09 13:49:50(2473 view)

    北海道日本ハムファイターズからポスティングシステムを利用しメジャーリーグ移籍を目指していた大谷翔平選手が、12月8日(日本時間9日)ロサンゼルス・エンゼルスとの契約に合意したと大谷選手の代理人が明らかにし、エンゼルス側も声明を発表した。


    (出典 matome.naver.jp)




    この一年で大きく成長…日本ハム大田泰示が契約更改で語った決意



    この一年で大きく成長…日本ハム大田泰示が契約更改で語った決意

    2017-12-05 17:05:24(1242 view)

    プロ野球北海道日本ハムファイターズの #大田泰示 (おおた たいし)外野手が2200万円増の4300万円でサイン。衝撃のトレードから1年…新天地で飛躍した大田泰示にどんな変化があったのでしょうか。


    (出典 matome.naver.jp)



    このページのトップヘ